アイドル神話体系

アラサーの萌え語り

NCT127 「NEO CITY JAPAN -The Origin-」という奇跡を見た話

本日以降、私の人生は余生である事が決定しました。
本当にありがとうございました。(深々)


f:id:alpacasso1989:20181124193532j:plain


あにょあせよ、もふ山です。 K-POPを好きになって早10年。
ミーハーなヲタクとして色んなグループのライブ、数十本は参戦したと思う。
それでも今回の「NEO CITY The Origin」ほど満足度の高いライブは、本当に、滅多にお目にかかる事が出来ない。


f:id:alpacasso1989:20190331202037j:plain



全てのパズルのピースが揃った時、全ての歯車が噛み合った時。
その作品はとんでもないパワーを持つ。


f:id:alpacasso1989:20190331202100j:plain


SMの作り上げた「NCT」というグループと音楽はK-POPにおける1つの集大成だと感じられる、そんな体験だった。
Neo Culture Technologyこそが、K-POPの第四形態なのだ。


f:id:alpacasso1989:20190401211946j:plain


冒頭、仰々しく語ってしまったが本当に本当に楽しかった・・・
でもその楽しさを表現するには自分の言葉に限界があると感じ、今すぐ広辞苑を貪り食いたい衝動に駆られている。
本当は世界中の人の脳内に私の見たNCTのコンサートというものを記憶ごとair dropして差し上げるか、脳に直接語りかけて繋がる連鎖したいところなのだが、残念ながらまだそこまで科学は進化していないらしい。
よって私は今、地道にポチポチとキーボードを叩く他無いのである。


f:id:alpacasso1989:20190331211534j:plain



今回、何よりも嬉しかったのは映像に対する妥協の無さ。
NCTの世界観へのリスペクトをキチンと感じられた事。

※エンタメ作品が成功するかどうかの別れめって、究極これが有るかどうかだと思っている。

f:id:alpacasso1989:20190401211753j:plain

コンサートのバックで流れる映像って、たまに「古い機種のJOYSOUNDか?」みたいな手抜き映像流されてツラい事がよくあるじゃないですか。
このグループはこういうイメージなんでしょ?じゃあこんな感じでよくね?みたいなテンションで作られたものはすぐわかる。

でも、今回はそれが一切無かった。しっかり曲のイメージを作り上げる為の作り込まれた映像だった事がファンとしてはすごく嬉しかった。
ちょっとサイケな色使いから、テーマの「NEO CITY」らしい夜景のものまでどれも美しかった・・・。

あれをバックに従えてカメラを見据えるテヨンが抜かれた瞬間、鳥肌が立った・・・
AKIRAだ・・・

www.youtube.com


曲間の90年代にトリップしちゃった!みたいなVCRも、すごく良かった・・・。

annin-dofu.hatenablog.jp


この記事でも書いたようにH.O.Tやソテジワアイドゥルが活躍した時代の香りを、めちゃくちゃ現代的なルックスの子達で再現する時の科学反応って得も言われぬ魅力があってだな・・・。
しかもメンバーの台詞も昔のファミコン風フォントで入れてくれるあたり、芸が細かい。

映像クリエイターの皆さん、マジでカムサ過ぎ。




更にもう1つ拍手ものだったのが、衣裳。

f:id:alpacasso1989:20190331210041j:plain



白ブラウスと黒ボトムのシンプルな衣裳の時も、メンバーごとにちゃんとブラウスのデザインが違って、しかもそれがメンバーのキャラクターにあったもので。
悠太くんの襟元フリルにジェヒョンくんのバックスリット・・・


f:id:alpacasso1989:20190331211908j:plain



解釈の一致。
Good Thing以降のカジュアル衣裳の時も、派手な色使いで難しいはずなのにみんな着こなしていて。

f:id:alpacasso1989:20190331212338j:plain


それだけ似合うものを見つけてきてくれたんだな、と衣裳さんの愛を感じて、めっちゃコレなった。

f:id:alpacasso1989:20190331210845g:plain
ハラショー!


でも、MC中あんだけ恥ずかしそうに隠してたのに、去り際パッとジャケット広げてくびれ見せてきて「お、おま~~~!!!」となった。



そしてトータルして、ライブ作品としての流れが本当に良かった!!!!
この曲の繋ぎ方の上手さによる体感時間の短さと、客席エネルギーのコントロールは2NE1のNEW EVOLUTION以来だった。
(この時の演出はマイケルジャクソンの「THIS IS IT」を担当したトラヴィス・ペイン)


www.instagram.com


仲宗根梨乃さま~~~!!!!


ありがとうございます…NCTを愛してくれるたくさんの方々の力が合わさって、今回の「NEO CITY The Origin」という1つの芸術作品が出来上がった…

f:id:alpacasso1989:20190401211419j:plain
最もテンションが上がった演出。


K-POPは総合芸術である。


パッケージだけ良くてもダメ。コンセプトがスカスカでもダメ。表現できる役者がそろっていないとダメ。
「心・技・体」全てが揃った時に、その作品は最も輝く。今回はそれを改めて実感した…。



このブログは3年前、全然違うタイトルで書き始めた。
「アイドル神話体系」に変えたのは、まさにNCTとの出会いがきっかけだった。

f:id:alpacasso1989:20190401215826j:plain

彼らがアイドル界の神話として語り継がれるまでになる過程を、言葉で綴っていきたい…そう願いを込めてこのタイトルにした。
(森見先生の影響も多分にあるが)

同世代ドルの中で今一つ抜けきらないジレンマ、ネガティブな評価…彼らを苦しめるものはたくさん有ったと思う。
もちろんファンだってもどかしく、時に悔しく…でも愛を注いできた。
それに値する実力も魅力もあると信じてきた…けどやはり実感が欲しかった。

f:id:alpacasso1989:20190401212701j:plain



そんな気持ちを全部受け止めて「大丈夫、信じてついてきて」と言われたような…
そして、ファンも「私たちの信じたものは正しかった」そう思えたライブだった。


こんな幸せなことある???

メンバーの努力、プロとしての意地…色々なものが垣間見えて涙が出た。
NCTというアイドルが活動する時代に生まれたこと、本当に感謝しかない。

将来孫ができたら「おばあがまだ20代だった頃、そりゃ美しいアイドルがおってな…」と傷だらけのRegularのCDを押入れから出してくるおばあちゃんになるだろうな。



だって私は見たんだよ、この目でしっかり。

NCTという名の奇跡を!!




【セットリスト@さいたまスーパーアリーナ

OP VCR
1.Cherry Bomb
2.Come Back
3.Limitless
4.Chain
Ment
5.Fly Away With Me
6.Back 2 U
VCR(0Mile)
7.City 127
8.Angel
Ment
9.Sun&Moon
10.Dreaming
11.Timeless
12.No Longer
13.Regular to irregular(PIANO by Johnny)
14.Regular
15.Wake Up
16.Baby Don’t Like It
17.Mad City(Intro dance by Jaehyun)
18.Dance Battle(Jungwoo vs Yuta vs Haechan)
19.Good thing
VCR
20TOUCH
21.Heartbreaker
22.Replay
Ment
23.Simon Says
24.FireTruck(Original ver.)

En1.Wakey-Wakey
Ment
En2.Welcome to My Playground
En3.Summer127
Ment
En4.0Mile


ご意見・感想はこちらから。
t.co

Twitterはこちら。twitter.com
Instagramはこちら。www.instagram.com




こんな記事も書いてます。

annin-dofu.hatenablog.jp

annin-dofu.hatenablog.jp

annin-dofu.hatenablog.jp


画像出典:https://www.barks.jp/news/?id=1000165973